アプレシエキット

ビタミンC誘導体化粧水の手作りで大失敗!粉末を買う前に知っておくべきこと

イオン導入のためと、市販の化粧水が高いという不純な理由で、ビタミンC誘導体の粉末を買って化粧水を手作りしたところ大失敗!なんと、お肌がとんでもないことになりました(泣)これからビタミンC誘導体化粧水の手作りを考えているなら、私を反面教師にして自作の危険性を知ってください。

アプレシエキットは簡単で初心者向き?使ってわかった意外な問題点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 8分

 

材料はすべて用意されていて、まるでプラモデルを組み立てるかのように化粧水を簡単に作れるのがアプレシエキットです。

 

ビタミンC誘導体の化粧水を手作りしたことがない初心者さんにとっては、お手軽でとっつきやすいのは事実なんですが・・・

 

 

現在流通している主要なアプレシエキット

実は、アプレシエキットはその種類が少なく、手にすることのできる製品は限られます。

 

以下に、通販で購入できる主なアプレシエキットを2つご紹介します。

 

ビーエスコスメ:アプレシエ(APPS)1%化粧水・50ml用作成キット

    • 採用ビタミンC誘導体:APPS
    • 内容量:50ml
    • 価格:1,512円(税込)
    • 保湿成分:1,2-ヘキサンジオール
    • 防腐剤:1,2-ヘキサンジオール
    • 他に必要なもの(足りないもの):精製水


【備考】
1,2-ヘキサンジオールは、保湿作用と防腐作用の両方を兼ねており、はじめから容器の底に入っています。

 

ビーエスコスメ・アプレシエキットのレビューを見る

 

楽天の販売サイトへ行ってみる

 

Amazonの販売サイトへ行ってみる

 

 

トゥヴェール:APPSクリスタルパウダー+化粧水作成キット

    • 採用ビタミンC誘導体:APPS
    • 内容量:このキットだと実質100ml分
    • 価格:3,538円(税込)
    • 保湿成分:グリセリン、1,2-ヘキサンジオール
    • 防腐剤:1,2-ヘキサンジオール
    • 他に必要なもの(足りないもの):精製水


【備考】
このAPPSクリスタルパウダー(容量3g)には、化粧水を3回作れる量の粉末が入っています。しかし、この作成キットには「しっとり補充液」が1袋しかつかないため実質1回しか作れません。

 

クリスタルパウダーをすべて使い切るには、別途しっとり補充液を追加で2つ購入する必要があります。

 

あまったクリスタルパウダーは、次回使用まで要・冷凍保存。

 

トゥヴェール・化粧水作成キットのレビューを見る

 

楽天の販売サイトへ行ってみる

 

Amazonの販売サイトへ行ってみる

 

実際に使ってはじめてわかったアプレシエキットの欠点や問題点

化粧品の成分に詳しくなると、成分表を見ただけでおおよその使用感などは予想できるのですが、初心者さんだとなかなか難しいですよね。

 

ここでは、実際に使用した私が感じたアプレシエキットのデメリットや問題点をお話します。

 

保湿成分が足りないと乾燥することも

すぐれた美容効果をもつビタミンC誘導体ですが、唯一の欠点はお肌が乾燥することです。

 

これはビタミンCに皮脂を抑える作用があるためで、ある意味、効果の裏返しである「副作用」といえます。

 

そのため、市販の完成品は必ず豊富な保湿成分を同時配合しているのですが、

 

アプレシエキットはシンプルさが売りなので保湿成分は最低限しか入っていません。

 

ビーエスコスメ・アプレシエ(APPS)化粧水作成キット

 

私は基本、「乾燥肌より」なのでアプレシエキット(ビーエスコスメのもの)を使ったら、お肌が乾燥してしまいました。

 

乾燥肌の方は、別途ヒアルロン酸などの保湿成分を追加で購入する必要があるでしょう。

 

計量をミスると危険

ビーエスコスメ・アプレシエ(APPS)化粧水作成キット

 

APPSの粉末は規定量通りに配合する必要があります。

 

もし欲張って濃度を高くすれば、お肌が乾燥したりピリピリとした刺激を感じたりします。

 

もともとお肌が弱い方だと、赤みや皮むけといった症状が出る可能性も。

 

また、最悪の場合、目に入ると炎症の恐れもありますので、計量には注意が必要です。

 

ボトルを繰り返し使うなら除菌必須

トゥヴェール化粧水作成キットのボトル容器

 

トゥヴェールの化粧水作成キットは、ボトル容器を繰り返し使うことになると思いますが、再利用する場合は除菌が必須です。

 

新しく化粧水を作る前には、ハイターなどの塩素系漂白剤を使って容器をしっかり除菌する必要があります。

 

これをしないと化粧水に雑菌が繁殖して大変なことに。

 

ビタミンE誘導体が入っていない

ビタミンE誘導体(TPNa)

 

ビタミンE誘導体(TPNa)には、ビタミンC誘導体の効果を高める性質があるため、最近の市販化粧水の多くに配合されるようになりました。

 

ところがシンプルなアプレシエキットには、当然ながらビタミンE誘導体は入っていません。

 

この点においてアプレシエキットは市販の完成品よりも劣ることになります。

 

自分でパウダーを混ぜる高品質なAPPS化粧水は存在します

 

難しいことは一切抜きでお手軽簡単に作れるため、アプレシエキットはたしかに初心者向きといえます。

 

ただ、シンプルゆえけっして高品質とは言えないし、そのまま使えばお肌の乾燥をまねく心配もあります。

 

じゃあ、保湿成分を買ってきて新たに追加しようと思っても、初心者さんではどんな成分を入れればいいか悩んでしまうでしょう。

 

そんな手作り初心者さんに提案したいのが、高品質な2剤式化粧水です。

 

豊富な保湿成分でお肌の乾燥を防止、パウダーを混ぜてはじめて完成する絶妙な調合バランス。

 

そしてもちろん、ビタミンE誘導体も同時配合。

 

まるで美容液レベルのビタミンC誘導体化粧水が、本当に存在するんです。

 

それでいて、価格はとてもリーズナブル。

 

詳しくは以下のページで紹介しています。

 

アプレシエキットの問題点をすべて解消した、初心者さん向け2剤式APPS化粧水とは?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー