ビタミンC誘導体 粉末

ビタミンC誘導体化粧水の手作りで大失敗!粉末を買う前に知っておくべきこと

イオン導入のためと、市販の化粧水が高いという不純な理由で、ビタミンC誘導体の粉末を買って化粧水を手作りしたところ大失敗!なんと、お肌がとんでもないことになりました(泣)これからビタミンC誘導体化粧水の手作りを考えているなら、私を反面教師にして自作の危険性を知ってください。

ビタミンC誘導体の粉末は超デリケート!化粧水の手作りが素人に難しい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 5分

ビタミンC誘導体の粉末

 

ビタミンC誘導体の化粧水を手作りするさいは、何はともあれ原料である粉末(パウダー)が必要ですが、

 

この粉末、取り扱いがなかなか難しいことをご存知ですか?

 

ここではビタミンC誘導体の粉末がいかにデリケートなのかや、その他の注意点を解説します。

 

 

APPSの粉末は通販で買えるけど…

APPSの粉末は通販で買える

 

まず、流通しているビタミンC誘導体の粉末ですが、そのほとんどが水溶性と呼ばれるタイプのものです。

 

「アスコルビルリン酸Na」とか「リン酸アスコルビルMg」という名前のものですね。

 

ただ、エイジングケアや高い美容効果を望むなら、水溶性タイプよりも肌への浸透力が高いAPPS(アプレシエ)を選ぶべきです。

 

ビタミンC誘導体の種類~美肌になりたいならコレを選べ!

 

ところがこのAPPS粉末、数がとても少ないため間違って水溶性タイプを買ってしまう可能性が高いんですよね。

 

通販サイトを見ても、水溶性の粉末が並んでいる中に「ひっそりと」存在する感じです。

 

あと、サイトによってはビタミンC誘導体だけではなく、食品用のピュアビタミンCが混じっていたりすることも。

 

間違ってこれを選んでしまうと、化粧水には使えないのでこの時点でアウトです(汗)

 

ビタミンC誘導体のパウダーは湿気に弱い

 

ビタミンC誘導体のパウダーは保存が必須。というのは、湿気にとても弱いからです。

 

常温保存だと空気中の水分を吸ってしまうため、酸化が進んでビタミンCの効果が失われます。

 

酸化したパウダーをいくら化粧水に入れたところで、まったく意味はありません。

 

また、しっかり冷凍保存したとしても、永久に効果が保たれるわけではないので注意が必要です。

 

素人が完全に最適な状態で保管できるでしょうか?

ビタミンC誘導体 粉末

 

当たり前ですが、化粧品やその原料を製造・販売している企業は、莫大なお金をかけて設備を整えています。

 

だからこそ、徹底した品質管理が可能なのです。

 

それと同じレベルの管理を、素人である個人がはたしてできるでしょうか?

 

化粧水を作るたびに、冷凍庫から毎回ビタミンC誘導体の粉末を出し入れする。

 

季節によっては、どうしたってパウダーが湿気を吸い込んでしまいます。

 

    • 使い切らなかった粉末を冷凍庫に入れておいたが、
      茶色く変色してしまった

 

    • 袋の中でパウダーが固まってしまったためなかなか溶けず、
      あきらめて捨てた

 

こんな声が聞かれるのも、ビタミンC誘導体の粉末がいかにデリケートなのかを表しているといえます。

 

ビタミンC誘導体の化粧水を手作りしたことがない初心者さんは、まずは2剤式の簡単な製品から試したほうがいいでしょう。

 

それで慣れてから、あらためて完全な手作りに挑戦してみてはどうでしょうか。

 

面倒なこと抜きで「手作り体験」ができるAPPS化粧水を見てみる

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー