ビタミンC誘導体 効果

ビタミンC誘導体化粧水の手作りで大失敗!粉末を買う前に知っておくべきこと

イオン導入のためと、市販の化粧水が高いという不純な理由で、ビタミンC誘導体の粉末を買って化粧水を手作りしたところ大失敗!なんと、お肌がとんでもないことになりました(泣)これからビタミンC誘導体化粧水の手作りを考えているなら、私を反面教師にして自作の危険性を知ってください。

ビタミンC誘導体の効果~手作り化粧水にも利用されるほどの美肌成分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 5分

ビタミンC誘導体の効果

 

その美容効果の高さから、原料である粉末を購入して手作り化粧水を作る女性も多いビタミンC誘導体。

 

ここでは、そんなビタミンC誘導体がもつすぐれた美容効果について解説します。

 

 

ビタミンCのもつ美肌効果

ビタミンC(アスコルビン酸)に別の物質をくっつけて、化粧品に配合しやすいようにしたものがビタミンC誘導体であることは、以下のページでご説明しました。

 

参考記事⇒ビタミンC誘導体の種類~美肌になりたいならコレを選べ!

 

誘導体化されていてもその効果はピュアビタミンCと同じですので、ここではビタミンCのもつ美肌効果について解説します。

 

    • コラーゲンの生成促進


    • 皮脂分泌の抑制作用


    • 抗酸化作用


    • メラニン色素還元作用

 

コラーゲンの生成促進

お肌のハリとコラーゲン

 

若いころのお肌にハリや弾力があるのは、真皮層とよばれる部分にあるコラーゲンが質・量ともにしっかりしているから。

 

加齢によってコラーゲンが衰えると肌を支える力も低下し、肌全体をたるませたり、あるいはたるみによって毛穴が伸びる、いわゆるたるみ毛穴などを引き起こします。

 

人間の体内でコラーゲンが作られる際にかならず必要なのがこのビタミンCで、コラーゲンの生成や合成をうながす作用があります。

 

皮脂分泌の抑制作用

よぶんな皮脂の分泌はニキビやテカリの原因に。ビタミンCには若干ですが皮脂の分泌を抑えてくれる作用があります。

 

Tゾーンの化粧崩れ防止に、また、生理前にできやすい大人ニキビの予防に効果が期待できますね。

 

抗酸化作用

ビタミンC誘導体の抗酸化作用

 

食品の酸化防止剤としても使われるビタミンC。もちろん化粧品にも利用されています。

 

皮脂の酸化防止をはじめ、たるみといった肌老化の原因とも言われている活性酸素と積極的に結びついて、細胞が酸化してしまうのを防ぐ作用があります。

 

まさにエイジングケアのための成分ですね。

 

メラニン色素還元作用

これは美白化粧品でおなじみかと思います。

 

お肌表面の黒変したメラニンの色を薄めるはたらきや、ニキビ跡の色素沈着をもとの色味に戻す作用があります。

 

ビタミンC誘導体の効果で攻めのスキンケアを

よく、「年齢肌には保湿が大切。とにかく徹底的に保湿ケアをしましょう」と言われますよね。たしかにこれは、間違いではありません。

 

お肌はどうしても加齢とともに水分量が不足してしまいますから、外からうるおい成分を補うことはとても大事です。

 

でも保湿はスキンケアにおいて必須事項。どんな肌質の女性であっても最低限、行わなくてはいけないケアなんです。

 

そのうえで、シミやたるみ解消、毛穴対策などのエイジングケアをしたいならば、ビタミンC誘導体を取り入れて”攻めのスキンケア”をする必要があります。

 

ビタミンC誘導体のアンチエイジング効果

 

上記で説明したとおり、たるみが気になるならばコラーゲンの生成をうながしてハリ感アップを目指す。

 

シミやくすみを何とかしたいならば、メラニン色素還元作用を利用して透明感のある肌作りを。

 

また、毛穴の開きは皮脂の酸化が細胞にダメージを与えることが原因といわれますから、ビタミンC誘導体で皮脂の分泌と酸化を抑える。

 

保湿ケアをしているけどなかなか肌悩みが解消されない。そんな女性に使ってほしい成分、それがビタミンC誘導体なのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー